1St2At3E4OfJS520620

2020年と同じように、JavaScriptはなんとかして前進しました。Optional ChainingやNullish Coalescingなどの新機能のおかげで言語自体も成長を続けていますし、TypeScriptの普及は、静的型付けを普及させることで、物事をまったく別のレベルに引き上げています。

そしてフレームワークの面では、落ち着いたと思ったところにSvelteが現れ、フロントエンドに新たな手法を取り入れることで全てを揺るがしています。そしてビルドツールにおいても、数年にわたるWebpackの覇権の後、新しい傾向が見られるようになりました。

しかし、これまでと今回の違いは「古い」もの–相対的に言って–が、どこにも行ってないことです。SvelteとSnowpackはよいものですが、それはReactとWebpackも同じです。そして確かに、それらは最終的に偉大なJavaScript Churnの犠牲になりますが、何年も何年もそれが続くわけではありません。

だから、今ここで起きていることを楽しみましょう: 偉大なエコシステムが、さらに良くなっています!

Join Our Launch Livestream!

CodeItLive Twitchチャンネルの皆さんと一緒に、スペシャルライブストリーミングを行います。Sarah Drasner、Josh W. Comeau、Trent C. Doddsなどのゲストたちと一緒に、去年のJavaScriptのトレンドについて語り合いましょう!

Download Our Data

このアンケートのJSONデータがダウンロードできます。データのビジュアライゼーションをしたらぜひ教えてください!

State of CSS

もしまだ見ていなかったら、 ここ数年のCSSの3つの主流のトレンドを追うためにState of CSS 2020 Trend Report を見ることを強くおすすめします。

Other Links

Thanks

Alexey Pyltsynに翻訳の感謝を。

Credits & Stuff

「The State of JavaScript Survey」はSacha GreifRaphaël Benitteによって作られ、運用されています。

このビデオの概要を見て、データの収集からデータのビジュアライゼーションまで、このプロジェクトの技術的な側面と学んでください。質問やフィードバックがあれば、ぜひ連絡をとるDiscordに入ってください。

さあ、JavaScriptに今年どのような変化が起きたか見ていきましょう!

乞うご期待

回答結果の発表や、来年のアンケートのお知らせを受け取りたい方はメールアドレスを入力してください。

パートナー一覧

翻訳協力

Català

Deutsch

فارسی

Galego

Italiano

Português

Русский

Українська

Svenska

Türkçe

Indonesia

正體中文

Polski

한국어

Romanian